概要About Us

美術館について

越後妻有里山現代美術館 [ キナーレ] の分館として、清津峡にオープンした美術館は、6 年前に廃校となった小学校の体育館を再生したミュージアムです。この美術館は、美術作品の倉庫であり、展示施設でもあります。「都市と地域の交換」をテーマに掲げた大地の芸術祭2015 では、3 つの廃校がリノベーションされました。この「清津倉庫美術館」は、都会を発表の場とする多くのアーティストたちが、高額で大型の作品保管場所に困っているという現実と、空家廃校が増え続ける越後妻有の、双方の「困った」を交換し、プラスに変換しようという試みです。芸術祭の年以外にも常時約200 の作品を鑑賞することのできる「大地の芸術祭の里」に、新しい拠点施設が誕生しました。

改修設計について

体育館の構造を活かし、必要最低限の改修のみで全く新しい空間に生まれ変わった本美術館は、建築家:山本想太郎の設計です。現代美術の大型作品が展示される施設に相応しいニュートラルで無機質な空間は、体育館の木製の床を剥ぎ、既存のコンクリート基礎をあらわすことと、既存壁の内側に新しいコンクリート壁を建てるという斬新な発想で生み出されました。

Top